■FC2カウンター

■プロフィール

山吹凛香

Author:山吹凛香
moonlightへようこそ!
管理人は高校生の時から
つき合っている主人に
未だにドキドキときめいている
主婦です。
といっても新婚ではなく
既に4人の母でもあります。
大好きなことや疑問に思うこと
など思うままに綴っていきます。
たくさんの方とお友達になり
楽しいブログにしたいです。
コメントよろしくお願いします。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■月別アーカイブ
■あし@

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ケンカ?
話しかけても返事をしない旦那様

さすがに、ストレスたまりすぎて切れてしまった。

机を『バン!!!!』ってたたき
「い~かんげんにして~!!!! もう我慢できない!!!! 出て行ってやる~!!!!」
と家をパジャマ姿で飛び出した。

車に乗って出かけたけど、パジャマ姿&お金なし、ガソリンなし、

「どっこもいくとこないじゃない」

涙が込み上げて来た。

しかたなく、一旦家にかえり、着替えて、お財布もって、ガソリン入れたばかりの車の鍵もって、飛び出した。

1時間が過ぎ…

2時間が過ぎ…

心配してくれるかも…と思っていた旦那様から連絡もない…

なんだか疲れて、駐車場に戻り、車の中でまた2時間程過ごす…

だんだん、体が冷えて来て、心細くなり…

バイトから帰って来ているはずの娘1号にメールを送る。

「パパどうしてる?」

「隣りの部屋で寝てるよ」

「私、飛び出したのに…」

「えっ、おかあさんどこにいるの?」

「駐車場」

子ども達は出て行ったのは知らなかった様子。

ケンカしたらしいのは知ってたけど…。

寒さに負けて、家に帰る。

なんだかバカらしくなって来た。

腹を立てるのにもエネルギーがいる。旦那様の態度を気にしているとストレスたまる。

『私のこと好きなのに、なんであんな態度を取り続けるのか分からない』

だから、もう気にするのをやめようと思う。私のことキライなんだと思うようにしよう。

明日になったら、そう言おう…。

スポンサーサイト
愛について | 23:31:12 | Trackback(0) | Comments(4)
脳内メーカー2
先日のリベンジやってみました。

現在のわたしの頭ん中『』『休』を二分するように『』があります。

確かに今の時期
元気無いのははったりでごまかして
本音は心の休暇が欲しいかも・・・

子供の夏休み明けはいつもそんな感じです。


問題の相性は・・・ハハ前回と同じです。
しかし!スペースやひらがな、カタカナでも結果はちがうと聞きました。

で、がんばったところ
ひらがなのわたしとカタカナの旦那様
』と『
一色となりました~ 

って、これってどうなんだろ~
よろこんでいいのかなぁ~

ま、心は複雑だからね 
いい結果信じて良しとしとこっと



愛について | 23:51:14 | Trackback(0) | Comments(0)
脳内メーカー
お久しぶりです

先日、友だちから脳内メーカのことを聞きさっそくやってみました。

わたしの名前を漢字で入れたところ脳内は『金』一色・・・(;´д`)

主人との相性を見てみたら わたし『無』VS主人『嫌』おたがい一文字で埋まっていて・・・

ちょっとへこんでいるわたしです。

そのことを友人に言ったら『日によって結果は変わるよ~』

リベンジするか否か悩みまくっています。

また同じようなのでたらどうしよ~


愛について | 12:58:14 | Trackback(0) | Comments(0)
好きな人を好きといえる強さ
昨日、息子のクラブのコーチ&そのチームのお母さんと飲みにいきました。
コーチは現在大学生3年生と社会人1年生です。

社会人1年生の彼は、就職先の研修で知り合った同期の女の子と恋に落ち
いまでは遠距離恋愛を続行中です。

彼にとって彼女は自慢の種でハタから見ているとバカッブルといわれても
仕方がないくらいです。

わたしたちお母さんは、羨ましさもあって
『いまだけよ~』とか
『こんなにかわいい子がどうして~』とか
ついついからかってしまいました。

そんなお母さんがたのやっかみ半分の言葉にもめげず
『いや~オレの彼女はオレにぞっこんですから~』
『大丈夫っすよ、彼女はオレ色に染めあげてますから~』
と幸せぶりをみんなに自慢しています。

ほんといいなぁ~
自分を振り返ってみて、正直主人に『好きだ!』といわれたのは
つき合う時の1度っきりです。
つき合い始めてすぐに、二人はこのままずっといるんだろうなぁ~
と漠然と思っていたしそれは現実のものとなったのですが、
名前で呼ばれたことも1度きりです。

コーチはホントになにか大切なものを手にした子どものように
嬉しさを隠さずみんなに彼女が1番大好きであることを自慢していて・・・

正直、つき合って4か月おまけに関西と九州の遠距離恋愛は難しいと思います。
でも、そんな障害なんて何のそのという彼の態度に
好きな人を好きといえる素直な彼の強さを見たような気がしました。

わたしたちお母さんがたはそんな時期は通り過ぎて
生活の中に『好き』という感情を埋没させて
苦難を共に過ごす『同志』としかパートナーを見れなくなりつつあるようで。

たぶん、どこかに『好きだ』と思う感情がないと一緒に暮らせないと思います。

でも、もうそんなこと面と向かって言うのも恥ずかしかったり、いまさら~と
思ってしまう自分がいて・・・

顔を隠して『主人が大好きです』なんていっている自分は
意気地がないなぁ~と思いました。

今度は私も主人に『好きよ』って言ってみようと思います。
(でも、1年に1回が限度かも・・・ヤッパリ意気地なしですね~(^_^;))))

愛について | 04:06:54 | Trackback(0) | Comments(1)
こわい監督
8月26日(日曜日)
一番下の息子のの試合に行って来ました。
その試合では、大会要項に『試合中、選手に指示をしてはいけません』
という下りがありました。

新しくできたフットボールセンターの宣伝との普及が目的の大会
だったので、試合の勝敗よりも楽しくをということだったようなのですが…

あるチームの監督は
『なんばしよっとや~
『おまえ、もう、こっちにくるな
など、大声で叱責するばかり
聞いてるお母様方が縮み上がるようなメチャ2おっかない声でした。

この大会小学1、2年の大会だったんだけど
いわれてる子ども達は楽しんでやってるのかなぁ?
わたしが子どもだったら、こわくてプレーも縮こまったものになりそうだけど…

みなさんはどう思います?



愛について | 22:36:38 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。