■FC2カウンター

■プロフィール

山吹凛香

Author:山吹凛香
moonlightへようこそ!
管理人は高校生の時から
つき合っている主人に
未だにドキドキときめいている
主婦です。
といっても新婚ではなく
既に4人の母でもあります。
大好きなことや疑問に思うこと
など思うままに綴っていきます。
たくさんの方とお友達になり
楽しいブログにしたいです。
コメントよろしくお願いします。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■月別アーカイブ
■あし@

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
楽しい事したいなぁ~
最近、ちょっと煮詰まってて家にこもりっきり
といってもヒッキーではありません

あれ、家にいるから煮詰まってるのかな?

外に遊びにいきた~い

やっぱ行楽の秋だからこの時期は山かな?
紅葉にはまだ早いし…

ア、そう言えばTVでコスモスの花が沢山咲いてるとこあったっけ

にでも行こうかな~ 

と思ったら…思い出した

今週末は学校へのお泊まり会があるんだった…
日曜日にはとドッチビーの手伝いが…

ってことは、今度の休みも校区から出ること叶わずで…( ┰_┰)





ひとりごと | 13:35:02 | Trackback(0) | Comments(0)
本の中の住人
子どもの頃、自分は本の中に住んでいて

『自分以外の誰かの手によって動かされている…』

そんなふうに思っていました。

時がたち、自分の生活に追われるようになって
そんな事考えてた事さえ忘れていましたが、
最近また『本の中の住人』ということを考えるようになりました。

誰かの手によってかかれるのではなく、
自分自身の手でなりたい自分になれるような物語になればいいなと思います。

まずは、なりたい自分探しからはじめようかな?

40代 まだまだ人生半ばですもの


ひとりごと | 11:58:38 | Trackback(0) | Comments(0)
告白
告白…と聞くと 
『あなたが好きです』というような愛の告白を思い出します。

けれど、わたしの場合は
『好きだけど苦しいのです』という告白でした。

主人が出社拒否になった7年間
大好きな主人から『無視』される日々が続きました。

主人も苦しみながらの7年間で
子ども達や両親に対して普通に接しようと思えば思うほど
その反動でわたしに対して
『どうしてか自分でもわからない…』という行動でした。

現在、主人はもとから通っている会社に復帰して1年半が過ぎました。
わたしとの関係も『無視』ということは無く普通の生活が続いています。

けれど、わたしは主人が静かにしていると苦しく
また、家族としゃべっていると苦しくて…。

昨日、ついに主人に告白しました…。

ケンカするつもりも、責めるつもりもなかったのですが
自然と涙がこみあげてきて…。

その時の主人は黙って話しを聞きながら、とてもつらそうな顔をしていました。



ひとりごと | 00:59:21 | Trackback(0) | Comments(1)
闇夜に光る…
ネコ

近所の野良猫家族です。
子猫が5匹程います。

借りている駐車場の入口の家に住み着いているのですが
夜、車の前を横切ります。

毎回、轢かないようにヒヤヒヤしながら運転しています。

猫、キライじゃないんですけどね…



ひとりごと | 16:23:54 | Trackback(0) | Comments(1)
やっぱり平行線?
最近、息子のの監督が変りました。
(人が…ではなく中身が…です)

このT監督とは昨年度末にイロイロとあって大ゲンカしました。

まぁ、誤解から…(あれは多分誤解?…誤解と信じたい…)から生じた
噂からチームにとは関係ない波風がたって…

しかし、言うに事欠いて
『自分はいつも誤解を受けるんですよ、どうせいつも同じだから…どう思ってもらっても結構です。』
って逆切れされてしまった。

誤解を受けた内容はあえて言いませんが、社会常識として許せない!類のものです。

だから、思わず彼の上司の前で
『いつもって何!? 大人なら同じ失敗を繰り返さないようにするべきでしょ! 子供を教えるって立場の人間ならなおさらでしょ! それを開き直って逆切れするって、言っちゃ悪いけどお子様だね!』

以前にもかきましたが

わたしは子供は嫌いです!!

その監督が最近立派になりつつあります。
子どもの指導に対してですが…
以前は自分の考えを伝えようとしなかったのでチームはいったいどこへ行くのかわかりませんでした。
それ以前に『僕は雇われですから。このチームはお母さんがたのチームでしょ?』って感じだったのが
このチームは自分が監督のチームという自覚が出て来たようで…
をやってチームを強くするのはもちろんですが、今お母さんがたに頼っている部分もをやる子ども達が自分でやるのが当たり前という自主性の有るチームにしたいと思います』と自分の考えを伝えるようになってくれました。

子ども達にもだけでなく、厳しく礼儀も教えてくれます。

だけど、まだ、試合連絡や練習日程に関してつついてもなかなか連絡もらえないのは困りもんです

いずれは、専属のスタッフを揃え運営に母たちが携わる事無いチームに…というプランはあるものの、今年は立ち上げたばっかりでまだまだ人手不足。
監督お願いです、必要最低限の連絡はお願いします。
出しゃばるつもりはさらさらないのですが、サポート必要な場面でサポート出来ませんって

やっぱり気持ちの上では平行線なのかなぁ?



ひとりごと | 05:39:52 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。